うんちと一緒に出血するのは病気?

うんちと一緒に出血するのは病気?

うんちと一緒に赤い鮮血が出てくるときは、かたいうんちが肛門を切ってしまっている状態と考えられます。肛門に切り傷ができている「裂肛」の状態となります。そんなときは、体温と同じくらいのぬるま湯で布を湿らして肛門にあててみましょう。しばらくすると、出血がおさまるはずです。

 

なお、冷たい水やお湯だと傷口を刺激し、痛くなってしまうことがあるので注意しましょう。必ず、40度くらいのぬるま湯で行いましょう。

 

いったん出血が止まっても、再度かたいうんちが出るとまた肛門が裂けてしまいます。そうならないように、まずは小児科でうんちを柔らかくする薬をもらい、するりとうんちが出るようにしましょう。その後、便秘を改善していき、うんちの状態を柔らかくしていく方向にもっていくとよいでしょう。

 

うんちの状態は子供の健康の判断材料となります。小学生くらいになると保護者が子供のうんちを確認するのはなかなか難しいですが、幼児のうちは一緒にチェックしたりしてうんちを身近な存在にしてあげるとよいでしょう。